屋根塗装 遮熱、排熱プラン(アドグリーンコート)| 外壁塗装・屋根塗装なら北九州の心喜塗装

福岡県・北九州市で外壁塗装・屋根塗装

屋根塗装 遮熱、排熱プラン(アドグリーンコート)

排熱効果

塗るだけで驚きの省エネ効果。高い遮熱効果だけでなく排熱効果も併せ持っているため反射しきれなかった熱も排熱し、熱だまりを起こしません。それにより、夏エアコンの使用量が減り節電にもなり、CO2の削減にも貢献します。


CO2の削減

重要なのは反射出来ない熱の処理

遮熱塗料の目的は、太陽光により建物躯体が熱を持つことを防ぎ、室内の温度上昇また、輻射熱・人工排熱によるヒートアイランド現象を防ぐことです。

そこで・・・大半の遮熱塗料はセラミック顔料を配合することで太陽の近赤 外線を効率よく反射し、建物が受ける熱の影響を低減しています。

近赤外線を効率よく反射しかしながら、全ての熱源を反射出来るわけでは無く(色が濃くなるほど反射率が悪くなる)、その反射しきれない熱の処理方法が重要となります。

断熱機能と排熱機能

通常の遮熱塗料は空気層を持つ中空セラミックで反射出来ない熱源を塗膜に溜め込む、いわゆる断熱材の発想です。この理論ですと徐々に塗膜の温度が上昇し、また、冷めにくく、夜間に放熱をしますので、ヒートアイランド対策には十分ではありません。

アドグリーンコートRのファインセラミックスは熱容量が非常に低く、即時に排熱をし、外気温に近づけようとします。この冷めやすい排熱理論はカラー塗料で機能に大きな差がでます。

丈夫な素材で効果が持続

急激な温度変化で破

多孔質の中空セラミックは非常に脆く、急激な温度変化(スコール)などで素材が壊れるおそれがあります。
 

55℃から1回の水冷却で約22%の破損が確認された。

急激な温度変化にも問題なし

無孔質(アモルファス形状)の真球ファインセラミックスは 非常に硬く、急激な温度変化(スコール)でも壊れません。

55℃から水冷却で破損は確認されず。

お客様の声 "株式会社昭和技研工業 代表取締役岩井様"

夏場になると工場が蒸し風呂状態になるので、どうにかしたいと考えアドグリーンコートRを見つけた。体感として3℃くらい下がり、作業服が汗で濡れないようになった。また事務所のエアコンの設定温度がと塗布前は20℃だったが、塗布後28℃設定に変更しても快適に過ごせるようになった。 電力の削減 光熱費の削減になった。

遮熱塗料「アドグリーンコート」の特徴

 排熱にこだわって開発した冷めやすい塗料

ヒートアイランド対策用に設計されたアドグリーンコートRは排熱にこだわり開発された"冷めやすい"塗料です。 半導体の封止材等精密機器(テレビ・携帯・カメラ等)の熱対策に用いられる世界最高峰の超微粒子真球無孔質ファインセラミックス(通称:アドマファイン)を建材塗料に応用し開発された為、太陽光の近赤外線を最も効果的に乱反射させます。また独自のWブラインド効果による排熱機能で、塗装した建物外皮を外気温と同温程度に推移させ、"熱だまり"を起こしません。

アドグリーンコートの表面
 電気代20%削減!即効性ある省エネ・節電対策塗料

室内への熱ごもりを抑制する為、過分な空調負荷を低減し、即効性ある節電対策に効果的です。

 美観性に優れた美しい塗膜が特徴です

アドマファインを原料としたアドグリーンコートRは薄膜で平滑性ある塗膜が美しく、汚れもつきにくい為、防汚力・耐久性に優れています。

 作業効率アップ!らくらく塗装

刷毛・ローラー・エアレス使用可で施工性の良さは他社を圧倒しています。作業工程の簡素化で安価に遮熱対策が可能です。

 真に環境に配慮した遮熱塗料です

環境塗料として世界でも広く認められ、シンガポールでグリーンラベル取得、中国で環境ラベル取得、台湾でグリーンマーク取得し日本国内でもエコマーク認定、カーボンオフセット付商品である事など、公的機関に於いて様々な実証・認定を受けた安心・安全な水系・遮熱塗料です。


遮熱塗料「アドグリーンコート」の性能

 

試 験 項 目試験方法・結果備考
容器の中での状態 異常を認めない
(かき混ぜた時に、堅い塊がなく一様になる)
塗装作業性 支障を認めない
初期付着力 異常を認めない(クロスカット法)
JIS K5066-5-6
耐水性 異常を認めない(23℃ ×7 日間)
JIS K5600-6-2
寒熱サイクル 異常を認めない(50℃×3h/-20℃×3h/20℃×8h×10サイクル)
JIS K5600-7-4
凍結融解性 異常を認めない(-20℃×16h浸漬/20℃×8h×10サイクル)
促進耐候性 キセノンランプ法に準ずる JIS K5600-7-7
車両用材料燃焼試験 鉄道車両用材料燃焼試験 (異常なし) 車材燃試
18-630K
防耐火性能試験

(1)加熱開始後20分間の総発熱量が、8MJ/㎡以下である。
(結果:4MJ/㎡)
(2)加熱開始後20分間、防火上有害な裏面まで貫通する亀裂及び穴がない
(3)加熱開始後20分間、最高発熱速度が10秒以上連続して200KW/㎡を超えない(結果:114.8KW/㎡)

(財)建材試験センター定め
北九州の外壁・屋根塗装会社